「ウェントワース女子刑務所」のシーズン7までの動画配信!ビーが伝説となる過程が描かれる人気海外ドラマ

ウェントワース女子刑務所

ウェントワース女子刑務所オーストラリアのTVドラマ歴外1位の視聴率を記録し、世界中でも人気がある海外ドラマです。

舞台となるのは女子刑務所内であり、単なる主婦である主人公のビー・スミスがいかにウェントワース女子刑務所で伝説になっていくのかが楽しめるようになっています。

今までにシーズン1からシーズン7の動画が配信されており、字幕と日本語吹き替えでの両方を視聴することができます。

この記事では「ウェントワース女子刑務所の動画を配信しているサービスや無料で視聴する方法から、あらすじやキャストなど基本的な部分まで全て分かる」ようになっています。

ウェントワース女子刑務所の動画配信サイトの一覧

動画配信サイトで「ウェントワース女子刑務所」を見れるのはどこか一覧表で比較できるようにしました。

人気のある5つのサービスの配信状況や無料期間などがひとめで比較できるようになっています。

動画配信huluU-NEXTDTVFODプレミアムNetflix
配信状況×××
詳細詳細へ詳細へ詳細へ詳細へ詳細へ
無料期間14日間31日間31日間14日間31日間
月額料金1,026円1,990円550円888円800円
口コミ口コミへ口コミへ口コミへ口コミへ口コミへ

ウェントワース女子刑務所を視聴するのであれば動画配信サイトのhuluなどがあります。

この「2020年8月3日の記事執筆時の情報」となります。

各動画配信サイトは見れる作品が随時変更がされるので、利用時にも配信されているかの詳細は必ず利用する前に確認をしましょう。

ウェントワース女子刑務所を無料で視聴する方法

ウェントワース女子刑務所が配信されているのは「hulu」と「FODプレミアム」の動画配信サイトになります。

この2つを今までに利用がしたことがなければウェントワース女子刑務所をトライアルを利用することで無料で視聴することができます。

「hulu」や「FODプレミアム」を初回の登録などの条件付きで、無料のトライアル期間が設けられているので、このキャンペーン期間の間に解約すれば実質無料となっているのですね。

ウェントワース女子刑務所の動画を無料で視聴するならこれらのキャンペーンを利用するのがおすすめです。

hulu配信シーズン1~7
U-NEXT配信シーズン1~3

huluならウェントワース女子刑務所が14日間無料で見れる

ウェントワース女子刑務所の動画見るならhuluがおすすめです。

huluなら初回登録なら2週間無料で試せるトライアル期間が行われています。

そのため、この無料期間内でも休日を利用すればウェントワース女子刑務所の作品を見終えるだけでなく、他にも様々な動画を楽しむことができます。

また、配信されている作品は「ウェントワース女子刑務所のシーズン1からシーズン7」が見ることが可能です。

ダウンロード機能を利用することでスマホに保存しておけば、電車での移動時間などの外出時に、通信容量を気にせず動画を楽しむことができるのですね。

初回登録時に氏名や支払い先のクレジットカードなどでID登録をして即時に楽しむことができ、14日間以内に解約をすれば料金が発生することなく、そのまま利用を継続したければ自動で引き落としがされるようになっています。

月額1,026円(税込み)
無料期間2週間(14日)
視聴デバイステレビ・スマホ・パソコン・ゲーム機
解約のしやすさ簡単で即日
配信作品60,000本以上(映画・ドラマ・海外ドラマ・韓国ドラマ・アニメ・バラエティが豊富)

FODプレミアムならウェントワース女子刑務所を14日間無料

ウェントワース女子刑務所を視聴するなら「FODプレミアム」もおすすめです。

FODは初回登録でAmazon Pay決済限定にはなりますが「14日間無料」のお試しができるキャンペーンが行われています。

また、月額が880円と他の動画配信サービスより少し安く、映画やドラマやアニメだけでなく雑誌を読むこともできるのが特徴です。

ウェントワース女子刑務所はFODではシーズン3まで配信されています。

月額888円(税込み)
無料期間14日間
視聴デバイステレビ・スマホ・パソコン
解約のしやすさ簡単
配信作品映画・ドラマ・アニメ・雑誌など(4万本以上)

ウェントワース女子刑務所のあらすじ

【FOX】「ウェントワース女子刑務所」 シーズン1 予告編

ウェントワース女子刑務所のあらすじは「殺人の容疑をかけられたビースミスがいかに女子刑務所内で伝説となっていくのか」です。

主人公の通称ビーは虐待を続ける夫の殺人容疑で、ウェントワース女子刑務所に収監をされてしまいます。

女子刑務所ではボスの存在や様々なあらそいごともあれば、人間関係によるトラブルは絶えずあります。

その中で夫の虐待に耐えていたビーがいかに、女子刑務所内で存在間を増し、最終的には伝説となっていくのかの家庭が描かれています。(シーズン4で伝説になる)

とにかくキャラクターが豊富で毎シーズンごとに特徴となる人物が追加されたり、予想外のことが起きたりと、続きが気になる海外ドラマとなっています。

シーズン1のあらすじ

ウェントワース女子刑務所のシーズン1では女子刑務所に収監されたビーが、どうやって周りに目を置かれ存在間を増していくのかが見れます。

同じ官房には交通違反や傷害など様々な罪で習慣されている女子囚人がいます。

そのなかで単なる主婦として生活をしていたビーは最初は周りと干渉するつもりはなくても、次第に仲間となっていきます。

しかし、女性刑務所内にはボスの座あらそいもあれば、独自のルールも形成されており、単なる友情だけの付き合いになる訳でもありません。

そして、主人公であるビー・スミスも単なる主婦ではいられる訳ではなく、変化をしていくことになります。

シーズン2のあらすじ

夫の殺害容疑で収監されたビーだが無実となったものの、新たに殺害により独房に移されます。

フランキーを新たなボスとして女子刑務所内では、治安は悪化をしている一方・・・。

そんな中、シーズン2で新たな刑務所長であり、今度の話に大きく関わる看守長の「ファーガソン」が就任をします。

シーズン2ではビーが女子刑務所内での信頼を勝ち取っていき、フランキーとの対立やファーガソンの存在などが見れるようになっています。

シーズン3のあらすじ

ウェントワース女子刑務所のシーズン3ではファーガソンとの対立が強くなっていきます。

ファーガソンは女子刑務所内での面会など、囚人が楽しみにしていることに規制を設け、ビーとの対立をあおっていきます。

今までのウェントワース女子刑務所ではボスが仕切っていたものの、ファーガソンは自分自身が仕切るように変えていきます。

そのため、ボスとなったビーとファーガソンは対立をしていくように・・・。

シーズン4のあらすじ

シーズン4ではビー・スミスがウェントワース女子刑務所内でいかに伝説になったかが分かるようになっています。

今まで仕切っていたファーガソンは囚人として収監をされることに・・・。

しかし、ファーガソンに好意的な印象を持つものはおらず、女子刑務所内では対立も増していきます。

また、弱い女性を守る「カズ」が大きく関わってき、仲間であるアリーがビーにとって影響力を与える存在に・・・。

ウェントワース女子刑務所のシーズン4では今まで以上に衝撃なラストとなっており、予想を裏切る展開が楽しめるようになっています。

シーズン5のあらすじ

シーズン5ではビーのいなくなったウェントワース女子刑務所で新たなボスによる今までとは違うルールが作られていきます。

しかし、多くの囚人は納得をする訳ではなく、ウェントワース女子刑務所内では荒れていきます。

フランキーもウェントワース女子刑務所に戻ってきます。

個人的にはビーがいなくなることで一度リセットして、シーズン1の展開を繰り返すのかなと思っていました。

しかし、そうではなく新たなシーズンとして、新たな展開が描かれており、また今までのキャストもそれに大きく関わってきます。

そして、シーズン5のラストにも衝撃な展開が起きるようになっています。

ウェントワース女子刑務所の口コミ

ウェントワース女子刑務所を実際に視聴した人の口コミをまとめました。

オーストラリアで人気となり、日本でも放送となる珍しい海外ドラマであり、ストーリも女子刑務所なので、他の海外ドラマとは違った動画が楽しめます。

 

評判が良いだけあって、「楽しい」「続きが気になる」などの高評価の口コミが大半で、個性的なキャラクターが多いことからも「ブーマーが好き」や「フランキーが好き」など、キャラクターへの評価も高いです。

私が配信中の前シーズン見た評価

ウェントワース女子刑務所は現在配信がされている前シーズンは私自身は全て視聴済みです。

最初は女子刑務所と聞いて、ドロドロした感じでどんよりした作品かなと思っていたので、後回しにしていたのですが、口コミで評判が良かったので気になった経緯があります。

個人的にはシーズン1から作品に引き込まれたのですが、シーズン5ぐらいには段々と少し話が長くなってくるのが、ここまで見たからと惰性で見ている感じでした。

個人的にはシーズン4の最後で主人公のビースミスに起こった事ぐらいで完結をして欲しかった気持ちがあります。

海外ドラマの中でも個人的に評価が高いですが、シーズン4で大きな区切りがついてもいるので、そこまでなら圧倒的におすすめすることができます。

ウェントワース女子刑務所のキャスト

 

ウェントワース女子刑務所の登場人物キャスト名
ビー・スミス役ダニエル・コーマック
フランキー(フランチェスカ・ドイル)役ニコール・ダ・シルバ
ブーマー(スー・ジェンキンス)役カトリーナ・ミロシェヴィッチ
リズ(エリザベス)役シーリア・アイルランド
ヴェラ・ベネット役ケイト・アトキンソン
ウィル・ジャクソン役ロビー・マガシヴァ
エリカ・ダビッドソン役リーアナ・ワルスマン
ジョアン・ファーガソン役パメラ・レーブ
ドリーン・アンダーソン役シャリーナ・クラントン
アリー役ケイトジェンキンス

まとめ

ウェントワース女子刑務所はオーストラリアの歴代視聴率を上回ったのも納得できる海外ドラマとなっています。

女子刑務所が舞台となっている珍しい映像作品で、単なる主婦であるビーの成長だけでなく、各キャストの成長も描かれています。

動画視聴サイトではhuluとFODの2種類で見ることができますが、シーズン7まで見れるのはhuluのみとなっています。

シーズン1を見始めたら先が気になること間違えなしなので、個人的には配信されてる最後まで見れるhuluがおすすめです。

毎シーズンが色々と予想を裏切る展開となっており、先が読めるようで全く読めず、見ればはまること間違えなしの動画です。

この記事を書いた人
ハル

海外ドラマや映画などの映像作品が好きです。昔はゲオやツタヤでレンタルで借りていましたが、最近は動画配信サイトで週に数本暇な時間や寝る時に見ています。エンタメな時間では動画配信関係の記事を担当しています。

ハルをフォローする
海外ドラマ
一人暮らしから主婦まで自宅で趣味や暇つぶしで楽しむ – エンタメな時間

コメント

タイトルとURLをコピーしました